sports_protein_man



どうもヤジキタです!

2024年は近年稀に見るトップスター退団の年となりますが、
花組の柚香光&星風まどかは無事退団し、
月組の月城かなと&海乃美月の退団も間近となってきました。

更に雪組では年初に3番手・和希そらが退団し、トップの彩風咲奈の退団も迫っており、
星組でも予想外の舞空瞳退団が決まっております。

宙組だけは取り敢えず大きな路線変動は無い…はず…

かつてこれ程までに各組の番手が動きまくる年があっただろうかと、頭を抱えたくなる反面、
コロナ禍での停滞を清算する為には、これくらいの荒治療が必要という事も理解はしなければならないですよね…


まぁ、という事で感傷に浸っていてもしょうがないので、
今回は各組次期体制の歌唱力をちょっとばかり考えてみたいと思います!
(書く事ないのよ…笑)








怒られそうなのは覚悟の上で、
先ずは旧・現体制の各組の個人的な歌唱力ランキングを明示したいと思います。

花組:柚香光、星風まどか、永久輝せあ、聖乃あすか、その他路線スター

月組:月城かなと、海乃美月、鳳月杏、風間柚乃、その他路線スター

雪組:彩風咲奈、夢白あや、朝美絢、縣千、その他路線スター

星組:礼真琴、舞空瞳、暁千星、極美慎、その他路線スター

宙組:芹香斗亜、春乃さくら、桜木みなと、瑠風輝、その他路線スター


どうですかね皆様?

このメンツで考えると個人的には、
月組>星組>宙組>雪組>花組
かなと思っております。

まず月組は、
海乃美月はやや◯くらいの評価だが、
番手男役は全員◎と評価。
それ以外の路線スターは、
彩海せらが◎だが、礼華はる・天紫珠李は◯、彩みちるは△と見ているが、
やはりトップの月城かなとが突き抜けており、総合としては1番歌ウマ組と言っても良いと考える。


そんな月組にほぼ肉薄している星組だが、
礼真琴・暁千星は◎、舞空瞳も◯だが、
極美慎は◯寄りの△かな…
その他の路線スターは、
天飛華音◯、詩ちづる◯、小桜ほのか◎と全体的には月組以上にも感じるが、
やはり3番手の極美慎と風間柚乃を比べると風間柚乃に軍配が上がる為、ランキングは2位かなと思う。


宙組は芹香斗亜が◎寄りの◯、春乃さくらも◯、桜木みなと、瑠風輝、鷹翔千空も◯だが突き抜けた歌ウマは居ない印象。
しかし大きな穴がない分、3位という評価である。

そして雪組ですが、
退団した和希そらを入れれば3位でも良かったが、流石に去年からの演目での退団のため今回は入れていません…
彩風咲奈は◎
夢白あや&朝美絢も◎寄りの◯ながら、縣千は△…
その他の路線スターは、
諏訪さき◎寄りの◯、野々花ひまり◯、音彩唯◎ながら、
咲城けい△、紀城ゆりや△、華世京◯(△かな…笑)と、ワン・ツー以外がかなり厳しい結果に…
やはり和希そらの穴を埋めるのは相当に厳しいという印象を抱かざるを得ない…


花組は、
柚香光は△
星風まどか◎寄りの◯
永久輝せあ◯時々△(低音の時は◎寄りの◯だが、高音で歌うと△かな…高音低音というより曲のテンポかな?いずれにしろ安定感がねぇ…)
聖乃あすか◎寄りの◯
その他の路線スターは、星空美咲は◎寄りの◯、綺城ひか理◯ながら、帆純まひろ・一之瀬航季は△と、
組内路線にずば抜けた歌ウマが居らず、番手スターの歌唱力でも各組の後塵を拝する…


異論は当然認めますが個人的にはこの様な評価です。

一応言い訳しときますが、△だから駄目とか嫌いという訳ではないんですよ!(笑)

歌劇団なのだから前提として歌えて当たり前と言う人も居るだろうが、
個人的には、
歌う人は歌える人、踊る人は踊れる人が専属で担当する外部のミュージカルやオペラなどと違い、
全員が歌って踊って演じる必要のある宝塚では歌唱力が多少低くても、それ以上に評価すべきものが幾つもある訳ですから、そこだけでスターの価値は決まりませんよね。

私も柚香光や元星組トップ・紅ゆずるの歌を1度も上手いと思った事はありませんが(笑)、
2人の公演ライブCDは全て買っているし、鬼リピするほど、味のある歌声が好きなんですよ!

それは公演を直に観て、公演の円盤も買っているから脳内で音楽と映像が簡単にリンクされるので、歌唱力だけで良し悪しを判断しなくて済むのだが、
今回はあくまでも音源のみを考慮した評価だと思って頂きたい。



という炎上予防線を張った所で本題です!(笑)

次期体制での歌唱力評価に移りたいと思いますが、個人の評価は概ね上に書いたので順位とザックリ総評のみでいきます。


花組:永久輝せあ、星空美咲、聖乃あすか、綺城ひか理、その他路線スター

月組:鳳月杏、天紫珠李、水美舞斗、風間柚乃、その他路線スター

雪組:朝美絢、夢白あや、縣千、その他路線スター

星組:礼真琴、詩ちづる、暁千星、極美慎、その他路線スター

宙組:芹香斗亜、春乃さくら、桜木みなと、瑠風輝、その他路線スター


星組>月組>宙組=花組>雪組

こんな感じに変動しますかね…


星組は舞空瞳が詩ちづるに代わるだけですが(小桜ほのかの可能性も捨てたくはないが…)、個人的には詩ちづるの方が歌ウマだと思うので、番手の歌唱力は純粋にアップするものと思われる。



そしてライバルの月組だが、
月城かなとの抜けた穴を塞ぐのは非常に難しい…
評価の中には水美舞斗も暫定的に入れたが、そもそも水美舞斗の歌唱力自体△寄りの◯なので、鳳月杏や風間柚乃が居ても1位の座は星組に譲らざるを得ないであろう…



宙組は何も変わらないが、
花組は永久輝せあがトップになれば、作品・楽曲自体がグッと永久輝せあに寄せられる事になるだろうから、苦手なパートの頻度はかなり減り不安定さが目立たなくなると予想する。
飛び抜けた歌ウマは居ないが歌苦手なスターも減り、全体的には平均値が上がると思う。
希波らいとと天城れいんの成長次第では単独3位にもなれるかもしれないが、
今は宙組とほぼ同列(やや下)になるかな。

てか、宙組に関しては暫く公演を観てないので中々評価し辛いのである…



そして1番の歌唱力難組は雪組になりますね…
何でもできる彩風咲奈と和希そらが抜けた穴を埋める策が何も無いままだと、
朝美絢&夢白あや、諏訪さき、音彩唯くらいしか歌えるスターが居ないので、歌唱面はかなり厳しく成りそうである…

てか朝美絢・縣千・咲城けいってキラキラオーラ全振り過ぎじゃね?(笑)
いつぞやかの紅ゆずる星組みたいなんですけど…(笑)
あの時の星組には礼真琴という最強スターが居たからまだ良いけど、
今の雪組には歌を全任せできるスターは見当たらない…

縣千も本人比では成長しているとは思うが、まだまだ平均を下回ると言わざるを得ない…

本当に補充無しで朝美絢体制がスタートするかは不明だが、
何処かに歌ウマさん転がっていませんかね…(笑)
個人的に天飛華音辺りは呼んでも良いんじゃねーかな?
(彩海せら出して、咲城けい呼んどいてなんだけど…w)



何故今回こんな話題を書いたかというと、
ヤジキタの最近のお気に入り宝塚ミュージックは雪組の『FROZEN HOLIDAY』なんですが、このショーの中で演出の野口先生恒例のアイドルシーンがありますよね?

そう!
俺たちの筋肉アイドルこと西川貴教
(T.M.Revolution)の
『WHITE BREATH』💪…ではなくて…😅

超特急の『Winter Show』のシーンですよ!(笑)

この場面は縣千を中心に次代の若手が勢揃いする場面なんですが…
まぁ全員歌が…😅
いわゆるズコボエってヤツですか?(笑)

縣千、眞ノ宮るい、咲城けい、紀城ゆりや、華世京と、なかなかの破壊力を持った歌唱となっておるんです…w

全ツとかメンバーが絞られる公演ならば兎も角、若手路線勢揃いの結果がこの様相では不安を通り越して、もはや愛おしさすら感じてしまう😄
(ちなみに、このシーン鬼リピしてます!笑)

しかし、それもヲタだから笑って許せる話であり、一見さんや雪組をあまり観ないファンからしたら、
まさしく椅子からズコーッである…😅


朝美絢も雪組に来た当初は顔と俺様キャラだけとよく揶揄されていたが、
望海風斗や彩風咲奈の下でしっかりと歌唱力を高め、
礼真琴や月城かなとには及ばないものの充分に歌ウマレベルまで上達したからこそ、3日で飽きる美人に留まらないステップアップを決めてきたのでしょう。


和希そらを呼んだのも縣千の成長を促す為だったのかもしれないが、
残念ながらその穴が埋まるとは現状思えない。

縣千も扱いが良いのか、微妙なのか、イマイチはっきりしない立場なのは、
その辺の事情もあるのだろうか?

顔良し、ダンス良しとなれば、後は歌唱力をもう少しだけ頑張れば、
トップの座は自ずからやってくるはずでしょう。


愛すべきズコボエの民が1人くらいは居ないと宝塚らしくないとはいえ、
今の雪組は1人じゃなくて民族が闊歩しているんですわ!(笑)


 ⇩ここから宝塚ブログランキングに飛べます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


最新記事はコチラ⇩

PVアクセスランキング にほんブログ村






スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット