monogatari_romeo_and_juliet



どうもヤジキタです。

昨日は、
月組の集合日並びに退団者発表、
そして花組の次期別箱演目が発表されましたね!(なんで同時に出すの…?)

退団者発表と次期トップ演目発表を同時にするとか無粋な事するなよな…そういうとこだよ、アンタ等さ…

まぁ、色々と都合が噛み合わなかったんだろうけど、私ちょっとおこです!w🤬

月組退団者に関しては⇩からどうぞ。








花組公演
■主演・・・永久輝 せあ、星空 美咲

◆御園座:2024年7月16日(火)~8月1日(木)

ミュージカル
『ドン・ジュアン』
≪DON JUAN≫ un Spectacle Musical de FELIX GRAY
International Licensing & Booking of ≪Don Juan≫ NDP Project
潤色・演出/生田 大和



という事で、
永久輝せあは想定通り御園座オンリーでしたね!

梅芸メインオンリーと国際フォーラムオンリーの三つ巴の予想でしたが、名古屋ノルマ達成が出来そうなのが、花か月しか無いと思っていたので約10年ぶり登板の花組が順当ですよね。

そして、その約10年前に御園座の前進(てか完全に別施設だが)の中日ホール(閉館)で主演をしたのが、前VISAガールの明日海りおですね!

今回同様にプレお披露目で『ベルサイユのばら』を公演しましたが、そこに永久輝せあを持ってくるのは、何かしらの意図があるんですかね?w


演目は、梅芸or国際フォーラムならば新作海外版権物と予想していましたが、
名古屋での新作はあり得ませんので『ドン・ジュアン』という再演海外版権物というのは妥当でしょうね。

だださぁ…全ツで『激情』やった次が同じスペインの『ドン・ジュアン』って、ちょっとダブってね?(笑)

『ドン・ジュアン』ってザックリ言うと男版カルメンみたいなもんだよね?w

チョイスのセンスは良いんだけど、連続で似たような作品しなくても良いんじゃね…

これもまた想定外の産物なんですかね?

普通に考えれば『激情』→『ドン・ジュアン』という発想には絶対にならないと思うんですけどね…(笑)



そして先達の明日海りおは、後に『エリザベート』で大劇お披露目を果たしますが、
今回はどうなるでしょうか?

流れはそっくりではありますが、流石に2連続で小池修一郎の1本ものは無いと思うのですが…

ただね…ぶっちゃけた話…名古屋でお披露目ってしょっぱいよね?w
(スマン!名古屋人!)

明日海りおの『ベルサイユのばら』再演に比べれば、しょっぱさもまだマシかもしれないがw、それでもVISAガールのプレお披露目が再演物というのは非常にしょっぱい!

そう考えると大劇お披露目にはかなり気合を入れた作品が来るのではないかと想像したくなるのですが、皆様如何でしょうか?

となると小池修一郎演出かは兎も角として、それなりの海外版権物が連続で来るのではないでしょうかね?

個人的には、既存作品ならば『エリザベート』よりも、『ロミオとジュリエット』なのでは?、と思うのですがね。

かつて雪組で同じくVISAガールだった音月桂が主演した公演ですから、元雪組の永久輝せあともシナジーはありますよね。
(当時は、まだ入団前だけど)

最近のロミジュリは、演出を稲葉太地先生が代わりに務めるスタイルなので、連続で小池修一郎演出にはなりませんね。(連続1本物にはなるけれど…)

稲葉先生は星組の『ビッグフィッシュ』も担当ですが、公演は5月なので、11〜12月頃の花組大劇の演出も可能でしょう。

或いは『ファントム』も有りだと思うが、コチラは版権が切れて望海風斗版などの円盤が販売終了している事を考えると99.9%無いかなw 


って、こんな話ばかりしてはいますが、普通に考えると1本ものは無いですよね?

今年は大劇年7本で、うち2本が1本物ですから、流石に3本目は無いと思うんですよね…
(しかも寝てても客が入る年末年始に強めの演目は必要ないかな?w)

ただ、そうなると2本立てで、どんな演目を持ってきますかね?

新作版権物は既に1つ前の星組に持っていかれましたし(『記憶にございません』)、
2本立てでそれなりに話題性のある演目って何でしょうか?

望海風斗みたいにワイルドホーン氏、或いはドーブ・アチア氏などにフルの楽曲提供を受けたオリジナル作品ですかね?


雪組時代の思い出公演は『ドン・ジュアン』で済んでるから、やはり軽めの新作で様子見ですかね…?

でも、失礼ながら永久輝せあって、そこまで超人気スターというイメージは無いので、お披露目は絶対にコケられないはずなので、それなりの物を持ってくると思うんですがね。



と、まぁ永久輝せあのプレお披露目のお話は取り敢えずここまで!

年始からの予想では、
プレお披露目は海外版権再演物で演出は谷貴矢or石田昌也と予想しておりまして、
大劇お披露目は芝居が生田大和、ショーが藤井大介と予想していましたが、
何となくアタリのような、ハズレのような、微妙な結果となりそうですね…w😅


因みに片割れの聖乃あすか東上についても語りたい所ですが、長くなるので次に分割します。
(正直、驚きました…理由はまた後日)

まぁしかし、残念ながら私は御園座には行けないかも知れませんね…

東京とか大阪の人は行きやすいんでしょうが、茨城に住んでる身からすると名古屋はどんなに頑張っても片道3時間(しかも交通費も片道1万5千以上…)のしんどい旅路になるので、余程の事が無ければ行きたいとは思えないんですよね…w
(基本再演ばかりだから尚更ね…w)

という事で、花組トップスター永久輝せあを観劇するのは大劇お披露目になりそうですが、新生花組がどの様な姿になるのか非常に楽しみですね!
(スパニッシュ推しかな?w)


 ⇩ここから宝塚ブログランキングに飛べます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


最新記事はコチラ⇩


PVアクセスランキング にほんブログ村






スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット