rikon_todoke




どうもヤジキタです!


早いもので、もう2月ですね!

正月から大地震があったり、飛行機が衝突・炎上したりと散々な1月でしたが、
個人的には東京雪組は3回も観劇できたし、月組も梅芸&バウ両方を観劇できたので、非常に充実した1月でした!

なお、2月は宝塚の観劇がありません!w

というか3月も29日までありません!😭

星組の『RRR』のチケットが、入手できずに1回のみを予定(3月29日)

2月は専科の凪七瑠海も特出する日生劇場の『テラヤマ・キャバレー』を観劇予定ではありますが、
宝塚はガチでチケットがありません…😭

せっかく『RRR』は日程長めなのに1枚しか手に入らないなんて酷いよ…w🥺

てな事で、しばらくは観劇の感想はありませんので、いつもの適当な予想記事や雑感を書く事と致しましょうか!(笑)








さて、本当に1月は宝塚公式からのニュースが殆ど無かった期間でしたね。

まともなニュースと言えば次期花組トップコンビの発表のみだが、それも分かりきっていた事実を正式に出しただけなので、殆ど界隈が盛り上がる事はありませんでしたね…
(演目も出なかったからね…🥺)


さてさて1ヶ月もまともな発表が無かった事で様々な事柄のニュースが発表待ちになっていますので、ここで少し整理したいと思います!



っと⇧まで書いた所で、いつもの如くお知らせが来ました…w🥺


主演・・・礼 真琴

◆東急シアターオーブ:2024年5月30日(木)~6月16日(日)<一般前売 2024年5月11日(土)>
座席料金…SS席12,500円 S席9,500円 A席6,000円 B席3,000円

ミュージカル
『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』

潤色・演出/稲葉 太地

まるでお伽噺のように自らの人生を語り、周囲を魅了するエドワード・ブルーム。未来を見通す魔女や、共に旅に出た巨人の話、サーカスでの最愛の妻サンドラとの出会い等、彼の奇想天外な話は幼い息子ウィルを虜にしていた。しかし、大人になるにつれ全ては作り話に過ぎないと考えるようになったウィルから、エドワードは距離を置かれるようになってしまう。ある時、病に倒れた彼の元へ久々にウィルが帰ってくる。父の人生が本当はどういうものだったのかを知りたいと考えたウィルがその足跡を辿り始めると、次第にエドワードの真実の姿が明らかになっていき…。
ダニエル・ウォレスの小説をもとに、2003年にジョン・オーガスト脚本、ティム・バートン監督により映画化、2013年にはブロードウェイでミュージカル化された「BIG FISH」を、礼真琴を中心とした星組がお届け致します。心躍る音楽で綴られたファンタジックなミュージカル作品に、どうぞご期待ください。




星組公演
■主演・・・暁 千星

◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:2024年6月3日(月)~6月8日(土)<一般前売 2024年5月12日(日)>
座席料金…全席8,000円
◆東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場):2024年6月14日(金)~6月20日(木)<一般前売 2024年5月18日(土)>
座席料金…S席8,300円 A席5,000円

ミュージカル・ロマン
『夜明けの光芒』
チャールズ・ディケンズ作「大いなる遺産」より
脚本・演出/鈴木 圭

イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの代表作「大いなる遺産」は、これまで幾度も映像化され、宝塚歌劇でも1990年に月組によって上演された、世界中で愛され続ける不朽の名作。波乱万丈の人生を歩むピップの成長譚を、新たなミュージカル作品としてお届け致します。
19世紀初頭イギリス、テムズ河口近くの片田舎。姉の嫁ぎ先である鍛冶屋に引き取られた孤児のピップは、近所の大邸宅に住むミス・ハヴィシャムから養女エステラの遊び相手として招かれる。高慢だが美しいエステラに心惹かれ、彼女に見合う紳士になりたいという願いを抱くピップだったが、間もなく義兄のもとで鍛冶屋の道を歩み始める。それから数年後、突然ピップのもとに莫大な財産の相続人に指名されたとの知らせが届く。紳士修行の為、故郷の人々に別れを告げロンドンへと旅立つピップ。田舎暮らしとは一変した、夢のような暮らしを謳歌する彼を待ち受けるものとは…。




<タイトル>
『未定』

<構成・演出>
三木 章雄

<出演者>
(星組)舞空 瞳 ほか



さてさて、えらいこっちゃ~…

当方は、礼真琴コンサート(か、東京オンリー公演)、暁千星東上、極美慎バウの最大3分割までを予想していましたが、
結果は礼真琴東京オンリー公演、暁千星東上公演、舞空瞳のミュージックサロンの3分割でしたね…

正直舞空瞳のMSは予想外でした…

これで凪七瑠海全ツから3連続で礼真琴と別箱を共にしないという超異例な展開となってしまいましたね…


ハッキリ言いますが、礼真琴か舞空瞳のどちらかは次期大劇場公演で退団しますね!

礼真琴がコンサートだったら礼真琴が退団と断言できたが、微妙な雰囲気ですね…

ただ個人的には礼真琴が退団なのかな…と思う。

本来ならば任期はもっと先を想定していたが、体調不良で任期全うが困難となり、次の大劇場で退団するという事が急遽決まったのではないか?
(別箱が版権ものという事もあり、コンサートへ変更する事も叶わずに。とはいえ昨年半ばくらいには、この方針で固まっていたのでは?)

舞空瞳だけが退団するならばMSは退団公演の期間中にやれば良い話であり、わざわざ別枠で取る必要は無いのではないだろうか?

かつて月組の愛希れいかが、龍真咲→珠城りょうとコンビをスライドした時も露骨に龍と愛希が別箱を共にしなくなった例を鑑みれば、今回もその雰囲気な気がする。

両方退団の可能性も、まだ捨てきれないが、それなら尚更最後くらいは一緒に別箱をするでしょう…


それか舞空瞳が月組にスライドするという超ウルトラCも以前何かの記事で書いたが、ワンチャンあり得るかもしれない。

それならば礼真琴も舞空瞳もこのタイミングで退団する事はなく、ただの離婚を前提とした別居という事になるのだが、果たして…


どんなパターンであろうと、これから一悶着も二悶着もありそうな発表でしたが、
先日観劇した『G.O.A.T』に礼真琴が観劇に来ていた際の月城かなとの反応が、とっても礼真琴の体調に気を使っている様子だったのが、今となっては気ががりですね…

いずれにしろ真相は2月4日の『RRR』千秋楽後にはハッキリするでしょうね。

残念ながら私はLIVE配信を観る事は出来ないのですが、どんな事が礼真琴の口から語られるのか、非常に気になりますね…

 ⇩ここから宝塚ブログランキングに飛べます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


最新記事はコチラ⇩



PVアクセスランキング にほんブログ村







スポンサードリンク

コメント

コメント一覧

    • そも
    • 2024年02月02日 16:21
    • 4
      いつも楽しく拝読しております。
      さて星組トップ関係予想。
      実は似たようなことを考えてました。
      先週、大劇場でみた(友会でなんとSS4列目ドセンターが!今年の運を使い果たしたかも…💦)『RRR』で、暁さんから「本気・覚悟決めました」というようなオーラが感じられて、こりゃトップ就任デーが内定したのか?という妄想が広がった次第。
      そんな印象の暁さんの横の礼さんの印象はというと、『1789』の時よりはお元気でしたが、バッチリ万全!元気ハツラツ!というまではいかず(舌の色が…)、どこか一步引いてるような、とでも申しますか…
      何の根拠もない妄想ではありますけどね。
      ともあれ、星組の皆さんと観劇されるファンの方々には日々の公演を堪能していただきたいです。
    • 管理人
    • 2024年02月02日 17:51
    • >>1
      コメントありがとうございます!

      記事にも当記事にも書きましたが、『GOAT』での月城かなとの礼真琴への反応の節々に心配と気遣いの様なものが感じられたんですよね…(礼真琴をイジるにしても声のトーンが少し低かったかな…)
      もしかすると同期の月城かなとには既に色々と伝わっていたのかもしれませんね。

      『RRR』も大人気過ぎて超チケ難ですが、公演削減→優先振替の対象になった人は、次期の退団公演になるかもしれない、とんでもないチケ難公演のチケットを確保できているという事になっているのかも知れませんね!(うらやま〜w)
    • ロキソ
    • 2024年02月02日 22:34
    • 歌劇の表紙を既に飾っている礼さんは今年の退団は既にないですよ
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット